占いマップ

夢占い - 占いマップ

占いマップ > 夢占い

夢占い

夢占いは心理学分析から夢の内容を解釈していきます。
夢は自分でコントロールできるものではありませんね。
それだけに、夢の内容は本人が自覚していない部分を教えてくれています。
繋がりのない夢であっても、その中で出てくるキーワードから夢を解釈し、自分の知らなかった部分を発見したり、成長させてくれたりします。

日常で悪いことがあったとします。
その時嫌な思いをした記憶が脳で覚えていて、嫌な事は本人は忘れていても脳が記憶しているため夢の中で何かしらのメッセージを送ってくることがあります。
夢を覚えていて解析(占い)をすれば、嫌な内容の夢も日常で解決する事ができます。

夢はいつ見るのか?というと、レム睡眠の時に、記憶や感情の固定と消去が行われ、 この記憶と感情の固定と消去の段階において、日常生活で無意識の中に閉じ込められた感情が開放され、様々な夢を見ています。
レム睡眠は何度かありますが、すべて覚えているわけではなく覚醒する直前の夢を覚えているようです。
「夢を鮮明に覚えている」というのは覚醒する前の記憶だからだったのですね。

2017/4/11 更新

top